研修動画コンテンツ②

■シングルボードコンピュータを用いた段階的なプログラミング教育の研修コンテンツ

プログラミング教育に係る研修コンテンツとして、シングルボードコンピュータを教材に「双方向性」「多様なセンサーの活用」「インターネットで送信」等の段階性をもたせた内容です。

高度情報化社会の到来と言われて久しく、今後は人口知能(AI)の飛躍的進化の下、Society 5.0と呼ばれる、サイバー空間(仮想空間とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムが活用される社会になると展望されています。学校教育におけるプログラミング教育の重要性は高まるばかりです。

本件研修動画コンテンツは、4段階のコンテンツ動画となっています。どうぞ、ご活用ください。

 

コンテンツ1「プログラミング教育の段階性及び小学校段階におけるプログラミング教育」

▶▷ 動画
▶▷ 成果確認問題

 

コンテンツ2「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」

▶▷ 動画
▶▷ 成果確認問題

 

コンテンツ3「多様なセンサーを活用するプログラミング」

▶▷ 動画
▶▷ 成果確認問題

 

コンテンツ4「インターネットで動作結果を送信するプログラミング」

▶▷ 動画
▶▷ 成果確認問題